よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  レクサスIS用/LexusIS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

レクサスIS-Fのパーツ開発車両

約245万円分のトムスオリジナルチューニングパーツ付レクサスIS-Fはいかが?
しかもすべて装着済み。限定1台です。


トムスは同社オリジナルパーツ開発に使われたレクサスIS-Fを、コンプリートカーとして販売することを決定した。『TOM'S IS-F』と名付けられたこのクルマは、開発車両なのでもちろん1台限りの限定売却だ。

 エクステリアにはリア/フロント/サイドのディフューザーやHIDパーツ、オリジナルのクロームメッキエンブレムなどを装備。エンジン関係では、軽量なフルチタン製の「エキゾーストシステム・バレルチタン」や吸入抵抗を低減させる「エアクリーナー スーパーラムII」を装着するなど吸排気系にファインチューニングが施されている。また足まわりでは、優れた操縦性と乗り心地を実現するサスペンションキット「Advox」に加え、本来のポテンシャルを発揮するよう、強化ブレースやロッド類、ロアアームなどのボディ補強パーツなど徹底したチューニングが施されている。

 現時点での走行距離は約1.3万キロ、車検は平成23年5月まで。全29種で合計245万3770円相当のトムスパーツで武装しながら756万円という価格は確かに買い得である(タイヤおよび塗装、工賃は含まず)。

まだまだ走れます。
スポンサーサイト
カテゴリ:レクサスIS用/LexusIS

レクサスIS&IS F用のリアアンダーディフューザー【トムス】

レクサスIS用リアアンダーディフューザーが出た。
レーシングカーっぽくってよくないですか。


トムスからレクサスISおよびIS F(250Cは含む)用の『リアアンダーディフューザー』が発売された。

 この『リアアンダーディフューザー』は純正のリアアンダーガードと交換するタイプで、車両フロア下を整流することで、直進安定性や高速時のコーナリング性能も向上させるという空力デバイスだ。

 標準マフラーまたはトムスバレルマフラー装着車以外は干渉の恐れがあるので注意が必要とのこと。

マフラー選択は注意だね。
カテゴリ:レクサスIS用/LexusIS

レクサスIS用のアッパーパフォーマンスロッド【トムス】

レクサスISのボディを強化。
トムスからレクサスIS用の『アッパーパフォーマンスロッド』が発売された。
フロント用。


 これはいわゆるストラットタワーバーで、フロントまわりのボディ剛性を大幅に向上させてステアリングフィールの向上にも貢献する。

 製品本体がボンネットインシュレーターと干渉する場合に使用する保護用フィルムも同梱される。

見た目はかなり効果出そうな形状。
カテゴリ:レクサスIS用/LexusIS

レクサスIS-F用のチタン&ステン製エキゾーストシステム【トムス】

レクサスIS-Fにフルチタンのマフラーはいかが。
トムス『エキゾーストシステム・トムスバレル・チタン』と『エキゾーストシステム・トムスバレル』に、レクサスIS-F用が追加設定されたのだ。


『エキゾーストシステム・トムスバレル・チタン』は、純正比-8.8kgの軽量化を実現したフルチタン製のハイパフォーマンマフラー。新開発のハイブリッド構造を採用したサイレンサーにより、高出力で迫力のある音質を響かせるという。

 一方の『エキゾーストシステム・トムスバレル』は、シンプルな構造による優れた耐久性と迫力あるサウンドが特徴のフルステンレス製ハイグレードマフラーだ。

IS-Fのエンジンだったら相当いい音しそうだね。
カテゴリ:レクサスIS用/LexusIS

レクサスIS F用のエアクリーナー【トムス】

むき出しより、純正交換式が安心です。

トムスは、レクサスIS F(USE20)用にエアクリーナー『スーパーラムIIストリート』を発売した。

 今回発売した『スーパーラムIIストリート』は、高い集塵性を発揮しながら吸入抵抗を減少させる画期的なエアクリーナー。

 特長は、空気中のほこりや塵などを取り除き、エンジン内部への侵入を防ぎながら吸入抵抗を抑え、エアクリーナー部に使用されるフィルターは、新素材であるセル膜を除去した特殊三層フォームを採用している。

 価格は、9975円。

あとは、こまめに交換です。

(引用:carview
カテゴリ:レクサスIS用/LexusIS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。