よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  スイフトスポーツ用/SWIFT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

4-2-1ツインキャタライザーエキマニ スイフトスポーツ[ZC32S]用

MONSTER SPORTのノウハウを注ぎ込んだ、M16Aエンジンチューンの要となる、ステンレス製ハイパフォーマンスエキゾーストマニホールドをご紹介。
ターゲットは、ストリートやミニサーキット。


■S1600コンセプト
S1600ラリー用エンジン開発で得たMONSTER SPORT独自のノウハウを、ストリート向け(量産エンジン)にフィードバック。
中速域の特性を重視し、誰もが扱いやすく、誰もが速く走れる。これはラリーカーを始めとする公道ステージ競技に対する、MONSTER SPORTの車両コンセプトであり、数々の成果に繋げてきました。スイフトが活躍するストリートやミニサーキットでは、まさにこの特性が真価を発揮します。
競技用やZC31S用のM16Aエンジン実績を基に、ZC32SでリファインされたM16A用に、トライ&エラーを重ねて開発しました。
スポンサーサイト

GReddy ボルトオンターボキット/Bolt-on turbo kit for SWIFT

スイフトスポーツ(CBA-ZC32S)用ボルトオンターボキット。
GReddyキャタライザーEX.マニホールドを装着しているユーザー向けのキットです。

ストリートからサーキットまであらゆる走行シーンを想定、テストを繰り返し開発。
最大出力は約196ps!!
あらゆる回転域においてスムーズにブーストが立ち上がり、ストリートでもストレスなく走れます。

スイスポ1型用ECU【TMスクエア】

今度はスイスポ1型用ECU。
こちらもレッドゾーンが変わる!


TMスクエアのECUチューニングキット『SPORT ECU』に、現行型スズキ・スイフトスポーツのマイナーチェンジ前(1型)用が追加設定された。マイチェン後(2型)用はすでにラインナップ済みだ。
 
 おもなチューニング内容は、まずエンジン回転リミッターを7600rpm(ノーマルは7000rpm)に引き上げたほか、燃料噴射量や点火時期、バルブタイミングなどのプログラム変更をして、中速域の強化と高回転域での一直線の吹け上がりを追求した仕様になっている。

 その一方で、街中などの通常走行では純正ECUと同等のドライバビリティを確保しているという。

最高のNAエンジンになりそう。

スイスポ用ECU【TMスクエア】

レッドゾーンがアップするECU。高回転が楽しくなるにちがいない!

TMスクエアから現行スズキ・スイフトスポーツ用のECUチューニングキット『SPORT ECU』が発売された。

 おもなチューニング内容は、まずエンジン回転リミッターを7800rpm(ノーマルは7500rpm)に、スロットル戻りリミッターを7750rpm(同7250rpm)に引き上げたほか、燃料噴射量や点火時期、バルブタイミングなどを変更して、中速域の強化と一直線に吹け上がる高回転域を求めた仕様になっている。

 街中などの通常走行では、純正ECUと同等のドライバビリティを確保しているという。

いいっすねえ、こういうチューニング。

スイフトスポーツ用の1.5way機械式LSD【TMスクエア】

FFの必需品、スイスポ用機械式LSDが発売されました。
コーナーリングが楽しくなるよ~


TMスクエアから現行スズキ・スイフトスポーツ用の『TMスクエアLSD』が発売された。

 この商品は、カー用品などを取り扱う老舗メーカー“KAAZ(カーツ)”社とTMスクエアの代表であり元レーシングドライバーの田中ミノル氏により共同開発された1.5wayタイプの機械式LSD。ブレーキングからコーナリング、そしてトラクションまでLSDが確実にかつ最適なタイミングで作用し、アンダーステアを抑制するのが特徴。さらに、ストリートやサーキットにおいての不快なチャタリングや振動も解消したという。

 イニシャルトルクとカム角は田中ミノル氏による入念なセッティングとなっている。

すごいじゃん。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。