よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  アルファロメオ用/Alfa Romeo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

アルファ159用ローダウンキット【ビルシュタイン】

アルファ159をさらにかっこよく、スポーティに変身!
『アルファロメオ 159』用のビルシュタイン製ローダウンキット『BTS-kit』を発売!
2.2リッター直4エンジンを搭載する『アルファロメオ 159 2.2 JTS』用で、セダンとスポーツワゴンの両ボディに対応。

 
 アルファロメオ 159は、伝統の盾型グリルや筒型ヘッドランプ、大きく張り出したフェンダーによりスポーティさをアピールするとともに、ボディサイズが拡大して居住性をアップしてよりプレミアム性が強くなった。そのため、サスペンションもコンフォート志向にとなり、ハンドリングの楽しさが若干スポイルされた傾向にある。
 
 『BTS-kit』は、アルファロメオ 159のスタイリッシュなスタイルをさらに強調するローダウンフォルムを実現。腰高な印象を与えるタイヤとフェンダーの隙間を解消し、グッとスポーティなスタイルへと変身させる。

スポーティなのはスタイルだけではない。
もちろん、走りもである。
スポンサーサイト

アルファロメオ・ミト用アイテム【モンスタースポーツ】

モンスタースポーツからアルファロメオ・ミト用の吸排気系パーツが出た!
『エキゾーストシステム』、『インタークーラーパイプキット』、『エアインテークシステム』の3種類。


『エキゾーストシステム』は材質に耐食性に優れるSUS304ステンレスを使用していることや、均一なパイプ径と曲げ加工が特徴で、出力、トルクアップも期待できる。また、インナーカールテール形状によりリアの姿をスポーティに演出し、上質かつスポーティなサウンドを響かせる。

『インタークーラーパイプキット』は純正のゴムホースとは違い、軽量なアルミパイプの採用と緩やかな曲げにより圧力損失を低減させ、レスポンスアップを狙えるという。

 最後の『エアインテークシステム』は、グリル直後のフレームに大型ダクトを固定し、バンパー裏側に密着することで大容量のフレッシュエアをダイレクトに取り込めるのが特徴だ。エアクリーナーとの結合にφ65mmの大径アルミ製パイプを採用することでスムーズなエアの流れにも配慮している。

エアインテークシステムが興味深い。
一番効果がありそう。

アルファロメオMiTo用ビルシュタインキット【ビルシュタイン】

ビルシュタインよりアルファMiTo用車高調・ダンパーが発売された。
期待のBSSキットとダンパー。


『アルファロメオMiTo』用に用意されるのは、“BSSキット”、“ダンパー”の2アイテム。“BSSキット”は、フロント/リヤともに30-50mmのダウン値が設定されるネジ式車高調整システムを採用。フロントは横剛性に強い倒立式で、スポーティなローダウンフォルムと理想のハンドリングを実現する。
 
 “ダンパー”は、ショートストロークタイプとなり、スポーツ性をさらに引き上げたセッティングが施されている。

ビルシュタインの車高調は待ち乗りでもキツくない仕様。
それでいて峠でも路面に吸い付くようにコーナーをクリアしてくれる頼もしい奴。

アルファ用アルミホイール『GTC01』『SC03』【エンケイ】

お待ちかね。エンケイからアルファ用アルミホイールが出ました。

エンケイのアルミホイール『ENKEI Racing GTC01』と『ENKEI TUNING SC03』にアルファ・ロメオ用のサイズが追加された。

『ENKEI Racing GTC01』は、2006年のSUPER GTのチャンピオンホイール(オープンインターフェイス トムスSC430)をストリート用に開発したモデル。同社独自技術である「MATデュラフローフォーミング」が用いられ、鍛造ホイール並みの材料強度を実現。また設計にもこだわり、高剛性と軽量を両立した。

なかなかレーシー!

『ENKEI TUNING SC03』は、「走り」と「魅せる」を両立したモデル。等間隔で並んだ細身のスポークが、アルファ・ロメオをスタイリッシュに演出する。

『GTC01』、『SC03』ともにアルファ・ロメオに合わせた専用ハブ径を採用した専用設計の5穴、PCD-110サイズを設定。車両側取り付け部のハブピンもホイール側に逃がしを作ることで対応した。

アルファの魅力的な姿を更にグレードアップするデザイン。

アルファロメオ159用ショックアブソーバー【KONI】

ちょっと走るなら是非交換したいパーツ。

走りに応じて減衰力を自動的に最適化するショックアブソーバー『KONI FSD』にアルファロメオ・159用が登場した。

『KONI FSD』は、ピストン内部にオイルの通り道を2つ設けることで、最適な減衰力をピストンスピードやストローク量から自動的に調整。減衰力固定式や、手動での調整式では対応できなかった幅広い走行シーンをカバーする。また、複雑なコンピュータや電子センサーを必要とする電子制御式とは違い、リーズナブルで、通常のショックアブソーバーと同様の設備、手順で取り付けられる。

山を楽しく速く走りたい方にお薦めなんでは。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。