よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  2007年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

レクサスLS用エアロパーツ『LX SPORT』【ings】

レクサスLSをちょっと悪くするならコレはお薦め。
それこそ、ちょい悪LS。


ingsからレクサス・LSに、よりスポーティな印象を与えるエアロパーツ『LX SPORT』が発売された。

 この『LX SPORT』は、リップ部分にダクトを設けた『フロントハーフスポイラー』、センター部分にラインを施した『サイドステップ』、埋込型エキゾーストフィニッシャーをそのまま活かした『リアハーフスポイラー』と、重くなりがちな車両下部とのバランスを考慮した『リアトランクスポイラー』の4ラインナップ。

『フロントハーフスポイラー』と『サイドステップ』、『リアハーフスポイラー』の3商品は、単体と3点セットの取り扱い。材質には、通常のFRP製のほかに、耐衝撃性に優れる新素材FRPの『HYBRID AERO』も用意する。

これくらいイカツイのもいいかも。
スポンサーサイト
カテゴリ:レクサスLS用/LexusLS

レクサスLS460用エアロパーツ【アヴァンセ】

高級セダンをさりげなく着飾るアヴァンセエアロ。

AVANCE(アヴァンセ)は、レクサスLS用エアロパーツを発売した。

 発売したのは、フロントリップスポイラー2種(Ver.1、Ver.2)とサイドステップ、トランクスポイラー。

 フロントリップスポイラーVer.1は、LSの持つ流れるようなデザインにスポーティな要素を加える。空力も考慮し、ボディ床面への風の流れを妨げないようにダクトをもうけている。純正バンパーに比べて3センチほど下がる。
 価格は、6万8250円(税込)。

 フロントリップスポイラーVer.2は、Ver.1よりも攻撃性を抑えたデザインでマッチングを重視。シンプルながらも立体感を感じさせるデザインとした。
 価格は、6万8250円(税込)。

もともとのデザインを損なわない感じが○。
カテゴリ:レクサスLS用/LexusLS

エスティマ用エアロパーツ【ナカムラレーシングファクトリー】

ぜんぜん嫌らしさがない

オリジナルエアロパーツを展開するナカムラレーシングファクトリーから、トヨタ・エスティマ(GSR50W、ACR50W)用のエアロパーツが発売された。

 発売されたのは、フロントのリフトを抑える『フロントハーフスポイラー』、フロントからリアへ流れるようなデザインの『サイドスポイラー』、ディフューザーを採用した『リアハーフスポイラー』の3点。いずれもエスティマの持つ曲線美と機能をより高めるようなデザインとなっている。

他人と差をつけるならいっておきたいパーツ 
カテゴリ:トヨタ用/TOYOTA

『パワーブレース』のレガシィ用【クスコ】

ワゴンにはもってこいのパーツです。
いよいよレガシィ用登場!


ボディを補強するクスコの『パワーブレース』に、スバル・レガシィ・ツーリングワゴン(BH5)用が登場した。

 この『パワーブレース』は、メンバー下部やフレームにボルトオンでダイレクトに取り付け、ボディのねじれを抑える効果がある。ボディのねじれを抑えることで、サスペンション本来の動きを取り戻し、トラクションやハンドルレスポンスの向上につながる。

 ラインナップは、フロントまわりの剛性を高める『フロントメンバー』、車体下部に取り付ける『フロアーセンター』、リア側の車体下部に装着する『フロアーリアサイド』の3商品。それぞれ分割されたセパレートタイプのため、パーツごとの効果を確かめながら使用できる。なお、『フロアーセンター』と『フロアーリアサイド』に関してはレガシィB4(BE5)にも取り付け可能となっている。

ワゴンだからリアは逃せないですね。
カテゴリ:スバル用/SUBARU

レーシングホイール『CRONO HT』にMINI専用カラー【OZ】

MINIだけの色。登場です。

OZが2007年1月に発売したレーシングレプリカホイール『CRONO HT』に、ホワイトカラーが追加される。

『CRONO HT』は、WRCで使用された高剛性レーシングホイール『CRONO』のレプリカ。オリジナルでは太めとなる5本スポークをシェイプアップし、高剛性と軽量化を両立している。

 今回追加されるホワイトカラーは、個性的なスタイルが支持されているBMW・MINIをメインターゲットに設定したもの。純正ホイールにホワイトカラー設定があるMINIにもマッチするカラーとなっている。

クロノといえば、ホワイトですね。
カテゴリ:MINI用

シビックタイプR用ステンレスマフラー【テクニカスポーツ】

ホンダVTECを味わうのなら、サウンドも外せない。

テクニカスポーツから、『N1マフラー シビックタイプR EP3用』が発売された。

 この『N1マフラー シビックタイプR EP3用』は、「快適なスポーツサウンドとホンダのVTECをよりパワフルに、よりトルクフルに」をコンセプトに開発されたマフラー。ノーマルエキゾーストシステムの良さを活かしつつ、スタイリッシュなテールエンドを追求した。中低速回転域で豊富なトルクを発生することで扱いやすさが増すほか、軽やかなエキゾーストノートを楽しむこともできる。また、オールステンレス製で耐久性にも優れる。

メインがノーマルのままだから、低速トルクを失うことなく、高回転の効率アップ?!
カテゴリ:シビック用/CIVIC

ハイエース100系、200系用の『ハイパーL.S.D.』【トムス】

オフロードを走る方の必須アイテム。

トムスの『ハイパーL.S.D.』にトヨタ・ハイエースの100系、200系用が登場した。

『ハイパーL.S.D.』は、ぬかるみや雪道などの不安定な路面でもトラクション性能を発揮させ、安定した走行を可能にする。このハイエース用は、作動音やタイヤの引きずりを低減させているので、純正LSDと同等のスムーズな作動を実現。初めてLSDを装着するというユーザーでも、違和感なく使用できる。

さらにオンロードでも効果バツグン!
カテゴリ:ハイエース用/HIACE

ラムエアにマツダスピードアテンザ用【オートエクゼ】

ターボ車にはうれしいフレッシュエア!

オートエクゼは、「ラムエアインテークシステム」に、「DISI」ターボエンジンを搭載する『マツダスピードアクセラ』と『マツダスピードアテンザ』用を設定、オートエクゼ商品取扱店などで発売する。

「ラムエアインテークシステム」は、理想的な吸気性能を実現するため、車両前方から走行風を直接捉えることでDISIターボエンジンが要する吸入空気を積極確保。

吸気抵抗となる消音レゾネーターを廃した専用設計のカーボン製インテークダクトは、透過性に優れた専用の円錐型フィルターとの相乗効果により、吸入流速を向上させ全域パワーを向上させるという。

また、リアルカーボンによる精悍な外観は、視覚的チューニング効果を高めている。

見た感じかなりよさそう。
暑くなる時期に向けて装着しておきたい。
カテゴリ:マツダ用/MAZDA

レガシィB4(D型)用エアロパーツ【ings】

もともとかっこいいB4が更に洗練された。

ingsから、スバル・レガシィB4(アプライドD型)用のエアロパーツ『LX SPORT』が発売された。

『LX SPORT』エアロパーツは『フロントバンパー』、『サイドステップ』、『リアバンパー』、『フロントグリル』、『ドアミラーカバー』の5ラインナップ。『フロントバンパー』、『サイドステップ』、『リアバンパー』には、通常のFRP製に加えて、衝撃耐久性に優れる新素材FRPの「HYPER AERO」の2タイプを用意している。

『LX SPORT』のデザインコンセプトである高級感とスポーティさを演出し、レガシィB4の魅力をさらに引き出すエアロパーツとなっている。

うたい文句通りの出来だと思います。かなり理想に近いデザイン。
カテゴリ:レガシィ用/LEGACY

アルファードハイブリッド用エアロキット【ケンスタイル】

アルファードの存在感が更にアップ

ケンスタイルは、アルファードハイブリッド用のエアロパーツを発売した。

 素材はFRP(リアハーフスポイラーのみウレタン)。アルファードハイブリッド本来の個性的スタイルや特徴をスポイルしないシンプルデザインのハーフタイプエアロパーツ。実用性を考慮した小振りなサイズとなっているが、視覚的効果によって、バンパー交換タイプのエアロパーツのようなボリューム感溢れるスタイルを醸し出しているのが大きな特徴だ。

ノーマルに物足りなさを感じたら是非。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。