よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  2007年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

鮮やかなイタリアンレッドのホイール【OZ】

なかなかないですよ、真っ赤なホイールは。めずらしい。

OZから、真っ赤なカラーリングが施されたホイール『ULTRALEGGERA-SR』(写真1)と『35 ANNIVERSARY-SR』(写真2)が発売された。セカンドネームの「SR」は、Serie Rossa(セリエロッサ)=赤いシリーズを意味し、すでに発売されている『ULTRALEGGERA』と『35 ANNIVERSARY』を、鮮やかなイタリアンレッドで染めたモデルだ。

 両ホイールは、ユニークなスタイルが注目を集める「21世紀チンクエチェント」ことフィアット・500のイメージモデルとして開発された。鮮やかな赤色は、2007年に復活した伝説のチューニングメーカー「アバルト」が発表したフィアット・プント・アバルトS2000に採用されたOZ製ホイールと同じカラーを使用。インパクトのあるホイールに仕上がっている。

 サイズは15~17インチで、H-PCDは、4―98/100をラインナップ。フィアット・500のほかにも、アルファロメオ・155や、BMW・MINIを初めとするB~Cセグメントのインポートカーのほか、トヨタ・パッソ、ホンダ・フィットといった国産コンパクトカーにも適合する。詳しくは、OZホームページを参照。

おしゃれですねえ。
スポンサーサイト
カテゴリ:ホイール/Wheel

インプレッサWRX STI仕様のノートパソコン【STI】

マニアにはたまらない逸品。

STIから、パナソニック製ノートパソコン『LET'S NOTE』の天板をスバル・インプレッサWRX STIの人気カラー「WRブルーマイカ」にカラーリングした『インプレッサ WRX STI仕様 CF-W7』が発表された。500台限定で、12月中旬からSTIオンラインショップにて販売を開始する。

『LET'S NOTE』は軽量・コンパクトでありながら、76cmの高さからの落下にも耐えられるほか、耐100kg級の耐圧構造とした頑丈なボディを採用。キーボードは全面防滴とした。今回、天板をWRブルーマイカに塗装し、付属のSWRTロゴ「コメットマーク」ステッカーを貼り付けられるようにしている。

 ステッカーのほかに専用インナーケースや、STIロゴが入ったUSBメモリー、無線光学式マウスを付属。インナーケースは、表皮にシート生地と同じアルカンターラを使用し、「コメットマーク」を型押しした。USBメモリーは1GBの容量で、専用の壁紙とスクリーンセーバーが収録される予定だ。また無線光学式マウスは、天板と同じくWRブルーマイカに塗装されている。

レッツノート自体、玄人受けするノートだし。丁度いい。
カテゴリ:シート/Sheet

エリシオンプレステージ用『スポーツサスペンション』【無限】

エリシオンで攻めたいひと必見!

無限から、エリシオンプレステージ(3.5L FF車)用『スポーツサスペンション』が発売された。

 V6 3.5Lエンジンが発揮する300psのハイパワーを路面に伝えるトラクション性能と、ハイスピードツーリングを可能にする高速安定性を追求。特に加速姿勢と高速走行時のフィーリングにこだわり、エリシオンプレステージの重量を感じさせない軽快なハンドリングを実現する。

 車高は、25mmダウンでスポーティなスタイルを実現。オートレベリングセンサーにも対応している。

単なるローダウンでなく、走りも研ぎ澄まされている点がいい。
カテゴリ:ホンダ用/HONDA

ノア、ヴォクシー用『スポーツサスペンションキット』【トムス】

ミニバンもローダウンの時代です。

トムスから、トヨタ・ノア、ヴォクシー用『スポーツサスペンションキット』が発売された。

 この『スポーツサスペンションキット』は、全長調整式のダンパーとスプリングのセット。車高調整範囲が広く、スタイリッシュなローダウンスタイルを楽しめる。また、ファミリーカーとして使用されることの多いノア、ヴォクシーのため、しなやかで快適な乗り心地と軽快なハンドリングを両立させた。

乗り心地優先はうれしい。
カテゴリ:トヨタ用/TOYOTA

BMW E46 M3用のドライカーボンパーツ【エム・ディレクション】

E46がめちゃかっこよくなります。

エム・ディレクション(旧:TOMITA夢販売)は、「GRACK」ブランドの新製品として、BMW E46 M3向けのドライカーボンパーツを発売した。製品は、ボンネット、フロントリップスポイラー、トランクリップスポイラーの3点となっている。

 M3のスペックに相応しいパーツとするために素材にドライカーボンを選択。「より軽く、より強く」、「美しく」を目指して開発。製造には童夢がタイに設立したカーボン製造専門会社「童夢コンポジット・タイランド」が協力しており、製品の確かさは折り紙付きと言えるだろう。

安心できるパーツ。
カテゴリ:M3用

インプレッサ WRX STI用エアロパーツ【STI 】

ベストマッチなエアロパーツが出ました。

STIから、発売されたばかりのスバル・インプレッサ WRX STI用『フロントアンダースポイラー』と『スカートリップ』が発売された。全国のスバルディーラー、STIショップで取り扱う。

『フロントアンダースポイラー』は、フロントバンパー下部の空気を整流するパーツ。ダウンフォースを作り出すことで、ハイスピード時の走行安定性とコーナリング性能を向上させる。カラーは半艶ブラックで、STIロゴが入ったエンブレムが付属される。

『スカートリップ』は、フロントアンダースポイラーの先端下部に取り付けるリップスポイラー。素材に硬質ゴムを用い、段差などでスポイラーが擦れるのを防ぐ。また、Clf(フロント揚力)とCd(空気抵抗)を低減させ、空力特性を向上させる。なお、『フロントアンダースポイラー』との同時装着が前提となる。

空力も考えられてます。

ステップワゴン スパーダをスポーティに演出【無限】

フルエアロの姿は、相当かっこいい。

無限から、ホンダ・ステップワゴン スパーダ用パーツが発売された。はじめから専用エアロや16インチアルミホイール、専用サスペンションを装着するステップワゴン スパーダをさらにスポーティに仕上げられる。

 エクステリアパーツは、『フロントアンダースポイラー』、『サイドガーニッシュ』、『リアアンダースポイラー』のエアロパーツに加え、クロームメッキのバンパーグリルカバーである『フロントロワグリル』、フロントグリルに装着する『無限メタルエンブレム』、換気性能に優れたドアバイザー『ベンチレーテッドバイザー』の計6商品。『フロントアンダースポイラー』、『サイドガーニッシュ』、『リアアンダースポイラー』は、純正カラー塗装済みと未塗装を用意する。

 さらに、優れた排気効率と消音効果を両立した『スポーツサイレンサー』、快適な乗り心地とスポーツ性を実現した『スポーツサスペンション』、高剛性のアルミニウムホイール『NR』をラインナップ。走りの質を高める機能パーツも無限ならではの高いクオリティを誇る。

車高短は必要ですね。走りと見た目の両立にもつながる。
カテゴリ:ホンダ用/HONDA

フルバケ『TS-G』と『RS-G』にアルカンターラ【レカロ】

ちょっとゴージャスなフルバケ。

レカロのフルバケットシート『TS-G』シリーズと『RS-G』シリーズのアルカンターラバージョンが新発売された。高級感のあるアルカンターラを使用したことで、座り心地とドレスアップ効果を高めている。

『TS-G』シリーズは低アイポイント、低ヒップポイント設計のサーキット走行向けフルバケットシート。一方、『RS-G』シリーズは広い視野を確保し、ラリーやジムカーナ、ドリフト走行などに向いたフルバケットシートとなる。両タイプともコーナリング時の横揺れに対する追従性や、エッジ効果による高いグリップ力を確保するショルダーサポートを備える。『TS-G』シリーズは、サーキット走行時に最もGを受ける肩甲骨から脇にかけてのサポート性を高めたデザイン、『RS-G』シリーズは、強いGの掛かる肩関節を中心にサポート性を向上させるとともに、機敏なステアリング操作を可能にするデザインとした。

サーキットじゃ、フルバケでタイムも変わる。
カテゴリ:シート/Sheet

レクサス・LS専用エアサスコントローラー【データシステム】

車高が自由自在。これはいい。

データシステムから、レクサス・LS専用エアサスコントローラー『ASC680L』が発売された。車種別専用ハーネスと合わせて装着すると自由に車高を変えられるようになるため、スタイリッシュなローダウンを楽しめる。

 車高調整は、保安基準モードとEXTRA-DOWNモードを設定。保安基準モードはUP2段、ノーマル1段、DOWN5段の計8段階で好みのスタイルを実現できる。またEXTRA-DOWNモードは、保安基準モードにUP1段、DOWN3段を追加するとともに、さらなるローダウンを実現するハイパーLOWモードを搭載。イベントやオーナーミーティングなどで、極限のローダウンをアピールできる。

 ディスプレイにはブルーとレッドのLEDを採用し、車高制御状態をグラフィカルに表現することで操作性を向上させた。また、車高データをセンサーから受信し、バーグラフで表示するハイトモニター機能や、各車輪のエアバルブとコンプレッサーの動作を表示するバルブモニター機能を搭載。リアルタイムで車高を確認することができる。そのほか、最高350km/hまで表示ができて、60~120km/hの間でアラーム設定できるデジタルスピードメーター機能も備えている。

しかも、扱いやすそう。
カテゴリ:レクサスLS用/LexusLS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。