よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  2008年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

ランエボX用LSD&サスキット【クスコ】

LSDをフロントにも。ただ、ノーマルで満足いくまで走ってからの方が、入れた効果がよわかりますね。

自動車用アフターパーツメーカーとして知られるキャロッセでは、クスコブランドからランサーエボリューションX用のフロントLSDと全長調整式サスペンションキットの発売を発表した。

 今回、新たに設定されたのは、ミツビシ・ランサーエボリューションX(CZ4A)用のフロントLSDで、すでに発売を開始。機械式LSDにクスコ独自のRSスプリングによる安定したイニシャルトルクで高レスポンスが特徴のRSタイプと、クラッチプレートを片側8枚から10枚に容量アップして耐久性&ハイパワー対応&LSDの効きが向上しているMZタイプが用意される。またそれぞれでLSDの効き具合を決定する35度/45度のカムを選べる1ウェイタイプと1/1.5ウェイをセットアップ時に変更できるタイプをラインアップしている。

走りがかなり変わるでしょう。

 また、4月上旬にはランサーエボリューションX(XZ4A)の5MT車専用で、大容量タイプのLSDも同2タイプ(設定カムも同様に2タイプ)用意される予定。さらに4月末には全長調整式&減衰力固定式ショックを採用するサスペンションキット“スポーツZERO1”シリーズのラインアップに同車種を追加するという。ピロアッパーマウントキットも4月上旬から発売予定となっている。
スポンサーサイト
カテゴリ:ランエボ用/LANCER

スバル専用チューニングCP【クスコ】

専用CPだからおもしろい。遊べそう。

自動車用アフターパーツメーカーとして知られるキャロッセでは、新時代のチューニングエンジンコンピューターとしてクスコブランドから“クスコ・アクセスポート”を開発、3月21日から発売を開始した。

 このクスコ・アクセスポートは、車両の自己診断装置用のカプラーに接続することで、エンジンを制御するコンピューターであるECUにアクセス、好みのモードでエンジンを始動させることができるようになるという。

 選べるモードは、省燃費を優先させる“ローブーストモード”、クスコ・アクセスポートを接続しないとエンジンが始動しない“セキュリティモード”、燃料MAP・点火MAP・ブーストMAPなどを最適に調整した“チューニングモード”の3種類。また、運転時に接続することでECUに集まる各種センサーからの情報を表示できるライブモードも用意される。

簡単そう。
カテゴリ:スバル用/SUBARU

クラウンアスリート用のAVS対応サスペンションパーツ【TRD】

新型クラウンアスリート。ノーマルを堪能したんならば、是非ステップアップを。

TRDから、新型クラウンアスリートの2WD車(GRS200・204)用のサスペンションパーツ『TRD Sportivo AVS サスペンションセット』が発売された。

 トヨタが所有するテストコースを使用して、ショックアブソーバー、コイルスプリング、スタビライザーをトータルチューニングしたこの商品。クラウンアスリートに装備されるAVS(運転操作や路面状況に応じて四輪独立して最適な減衰力に可変するシステム)にも対応し、もともと持っている運動性能をスポイルすることなく、さらなる快適性、旋回性能、操縦安定性の向上をもたらしてくれる。

 前後のロール剛性バランスを見直したことで、高速ツアラーとしての安定性を向上。路面のわだちや凹凸など、細かい動きに影響されない落ち着いたステアフィールを実現すると同時に、操舵角に対して素直な動きを示すようセッティングされている。軽すぎず重すぎない節度あるステアリングフィールにこだわり、ステアリングに路面からのインフォメーションを的確に伝えることで、運転する実感やドライビングの喜びを演出する。

走りに加えて、見た目も↑↑
カテゴリ:クラウン用/CROWN

クラウンアスリートの2WD車用18インチアルミ【TRD】

専用設計なんで、マッチングはばっちり!

TRDから、新型クラウンアスリート2WD車(GRS200・204)用の18インチアルミホイール『TRD TF2』が発売された。新型クラウンアスリートの標準サイズと同様の18×8.0を採用する同商品。組み合わせるタイヤサイズも標準と同じ225/45R18を推奨している。

 スポーティかつシンプルで飽きのこないデザインを採り入れており、サイズは変えたくないが純正ホイールでは飽き足らないというユーザーにうってつけのホイールといえる。カラーはダイヤモンドカットシルバーの1色のみだ。
カテゴリ:クラウン用/CROWN

『Pro Racer ZR+520』に19インチ【5ZIGEN】

ちょっといい感じのホイールが出ましたよ。

5ZIGENのプロフェッショナルユース向けブランド「Pro Racer」がラインナップするホイール『Pro Racer ZR+520』に、19インチが登場した。

『Pro Racer ZR+520』は、スポークにねじれを加えたツイストコンセプトのホイール。スポーティな印象のツインスポークにねじれを加えたことで、躍動感を演出している。カラーは、セラミックブロンズ、ハイパーガンメタ、クロームシルバーの3色を用意。光沢のあるクロームシルバーは、¥3,150アップとなる。

 トヨタ・セルシオ、レクサス・LS、スバル・インプレッサの純正キャリパーなどのほか、ブレンボ製ビックキャリパーを装着するミツビシ・ランエボ、ニッサン・スカイライン(V35)、フェアレディZ(Z33)、スバル・インプレッサにも対応する。

クロームが今は旬?ですかね。
カテゴリ:ホイール/Wheel

RX-8、アテンザスポーツ用『スポーツサスペンション』【オートエクゼ】

ノーマルに物足りなさを感じたら是非。

オートエクゼの『スポーツサスペンションキット』に、マツダ・RX-8、アテンザスポーツセダン(GG系)、アテンザスポーツワゴン(GY系)用が追加された。

『スポーツサスペンションキット』は、減衰力固定式ダンパーと専用スプリングを組み合わせた車高調キット。ダンパーには、快適な乗り心地の確保に有効なツインチューブを採用した。また、ハンドメイドの組み立てにより、高精度な作動を実現。伸び側の減衰力を微低速域から滑らかに立ち上げて車両の姿勢をコントロールする。一方、突き上げの原因となる縮み側の減衰力は控えめに設定した。

乗り心地もよさそうだね。
カテゴリ:RX-8用

エスティマ、ノア/ヴォクシーでスポーティなシフトチェンジ【トムス】

これいいですよ。やっぱり、引いてシフトアップ、押してシフトダウンですよ。

トムスから、トヨタ・エスティマ(GSR5#/ACR5#)、ブレイド(AZE154/156H)、ブレイドマスター(GRE156H)、ノア/ヴォクシー(ZRR70W)用の『トムスGTシフター』が発売された。

『トムスGTシフター』はATのマニュアルモード操作の方向を、シフトレバーを押すとシフトダウン、引くとシフトアップというスーパーGTマシンと同様のパターンに変更できるキット。操作する方向と加減速Gのかかる方向が一致するため、より自然なシフト操作を体感することができる。プラスとマイナスの表示を変更できるステッカーが付属されるため、混乱する恐れもない。

なんで、ノーマルが逆なのか理解に苦しむ。
カテゴリ:トヨタ用/TOYOTA


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。