よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  2008年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

競技専用のオデッセイ(RB1)用『ストレートパイプ』【タケローズ】

オデッセイ触媒カット。競技用です。

タケローズから、ホンダ・オデッセイ(RB1)用の『ストレートパイプ』が発売された。触媒レスとなるため競技専用品となる。

 オデッセイ(RB1)のアブソルートに適合し、マイナーチェンジ前後モデルともに対応する。材質はSUS304ステンレスを使用し、フランジ部分のみスチール製。メインパイプ径はφ60mmだ。高回転域での抜けの良さを実現し、オデッセイでのサーキット走行をさらに楽しむことができる。
スポンサーサイト
カテゴリ:ホンダ用/HONDA

レクサス・LS460/600h用『GTスタイリングパーツ』【トムス】

ちょい悪レクサス参上!

トムスから、レクサス・LS460/600h(USF40/UVF45)用の『GTスタイリングパーツ』が発売された。ラインナップはフロントバンパー、サイドステップ、リヤバンパー、フロントフェンダー、GTスタイリングパーツセット(フロントバンパー、サイドステップ、リヤバンパーのセット)となる。

 アグレッシブでスポーティな見た目を実現するスタイリングパーツの数々。装着することでLSを攻撃的なアピアランスに仕立てる。フロントバンパーとリヤバンパーは、純正のクリアランスソナーの有無に対応したそれぞれの商品を用意する。いずれの商品も未塗装となるので購入後に塗装が必要。リヤバンパーは別売りのトムスバレルマフラーの同時装着を前提としている。

おっ、マフラーと同時交換なんだ。
カテゴリ:レクサスLS用/LexusLS

BMW・ミニ用ステンレスエキゾーストマニホールド【Mini Mania】

ステンエキマニは憧れちゃうよね。

Mini Mania(ミニマニア)から、先代型のBMW・ミニ(R50/R53)用『ステンレスエキゾーストマニホールド』が発売された。グレードはONE、クーパー、クーパーSいずれのモデルにも適合する。

 従来モデル同様の4-2-1レイアウトを採用し、豊かな中間トルクと高回転域におけるパワーアップを両立。エキマニと触媒の接続部分の振動吸収構造を蛇腹式からボールジョイント方式に変更し、振動に対する耐久性を向上している。触媒を変更することになるが、これまで同様にガス検書類の発行にも対応しているので、車検も問題なく通すことができる。

いいサウンドを奏でるかな。
カテゴリ:MINI用

200系ハイエース用のCOXボディダンパー【FET】

ボディダンパーなんてあるんですね。

FETから、トヨタ・ハイエース(200系)用の『COXボディダンパー』が5月中旬に発売される。

『COXボディダンパー』はヤマハ発動機が開発したボディ補強パーツで、ボディの変形や振動を特殊ダンパーの減衰機構によって穏やかに整える効果がある。例えば、段差などで変形したボディが元の状態に戻ろうとする反発力を穏やかに抑え、突き上げ感やゴツゴツ感が緩和される。逆に微妙な振動で変形しようとする力も抑えるため、直進安定性が向上する。車種別専用のセッティングが施されており、フロントとリアの最適なポイントに装着することで、乗り心地と操縦安定性の向上を実現する。

これはいいパーツだ。
カテゴリ:ハイエース用/HIACE

ユーノス・ロードスター用のHIDコンバージョンキット【IPF】

キットものはうれしいですね。

IPFからユーノス・ロードスター用の『SUPER HID Xコンバージョンキット』が発売された。シールドビームを採用する純正ヘッドライトから同社製のヘッド『HL42』に交換し、4300Kと6850Kの2種類が用意された『SUPER HID Xコンバージョンキット』を装着することでHID化が可能となる。

 ユーノス・ロードスターのヘッドライトはリトラクタブルのため、バルブ後方のスペースが乏しく、HIDバルブの設置が難しかった。また、バッテリーがトランクルームにあるため配線も難易度が高かった。IPFは、HIDバルブコネクタをハロゲン並に短縮化し、ハロゲンの3極コネクタから電源供給できるコンバージョンキットを開発したことで、これらの問題をクリア。シールドビームと交換できるヘッドも同時リリースすることで、ユーノス・ロードスターでも問題なくHID化することができるようになった。

これはロードスターユーザーには朗報ですね。

ホイールにカラーラインを入れられるリムリング【チェックショップ 】

目立ち度200%!

ホイールにカラーラインを手軽に入れられる『Kohlenstoff RimRing(コーレンストッフ リムリング)』がチェックショップから発売された。透明フィルムに色を入れたステッカータイプのカラーラインで、色はレッド、オレンジ、イエローの3色。幅は10mmで、17?22インチのホイールに対応する。

 発色と色透けに万全の対策を施したことで、カッティングシートやバイク用のリムテープとは異なり、どんな色のホイールに貼ってもきれいに発色する。ホイール1本に対して4分割になっているので無理なアールもつかず、簡単にはがすことも可能だ。注文の数量によっては希望色の特注にも対応する。

なかなかかっこいい仕上がりになります。
カテゴリ:ホイール/Wheel

フォレスター(SH型)用『ギヤシフトレバーASSY』【STI 】

これはオススメ!

STIから、スバルの新型フォレスター(SH型)用の『ギヤシフトレバーASSY』が発売された。新型フォレスターの5MT車に対応し、シフトレバーをショートストロークにすることで素早いシフト操作を可能にする。

 レバー比およびジョイント部を変更することでシフトストロークを前後方向に約20%短縮することができるので、小気味よいシフト操作、剛性感のあるダイレクトなシフトフィーリングを実現。シフト操作の滑らかさも追求されている。

シフトチェンジが楽しい。
カテゴリ:スバル用/SUBARU

レクサス・LS用の『LEDウィンカーミラーカバー』【トムス】

流行もんですよ。

トムスから、レクサス・LS460/600h/600hL(USF40/UVF45/46)用の『LEDウィンカーミラーカバー』が発売された。純正のアウターカバーと交換することで、ドレスアップ効果と安全性の向上を実現することができる。

 ABS樹脂製のアウターカバーに7個のLEDを埋め込み、他車からのウィンカーの被視認性を上げることができるほか、高級車らしい存在感の向上にもつながる。取り付けは純正アウターカバーと交換するだけなので、違和感なく装着することができる。未塗装状態となるため、購入後に塗装が必要。

カテゴリ:レクサスLS用/LexusLS

新型アルファード&ヴェルファイア用カスタマイズアイテム【モデリスタ】

フルモデルチェンジしたばかりのアルファードとヴェルファイアに早速カスタマイズアイテム登場!

トヨタモデリスタインターナショナルは、12日にフルモデルチェンジしたトヨタ・アルファードと、その姉妹モデルであるヴェルファイア用のカスタマイズアイテムとして、モデリスタバージョンを設定して発売した。

 なお、アルファードにはケンスタイルバージョンを、ヴェルファイアにはアドミレイションバージョンも設定し発売を開始している。


 アルファードのモデリスタバージョンの開発コンセプトは、「輝・豪・美 ~絶世の輝き、羨望のフォルム~」。メッキ調アクセントが印象的なエアロパーツにより(G/X用)、最上級のミニバンにふさわしい品格をかもし出している。

 税込価格は、フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカートのセットで15万2250円(サフェーサー)。

 アルファードのケンスタイルバージョンの開発コンセプトは「至高のラグジュアリースポーツ」。ケンスタイルが細部のディテールにまで拘った独自な造形美で存在感を演出したものとなっている。

 税込価格は、フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカートのセットで15万150円(素地)。

ほとんど純正っぽいつくりで、違和感無くかっこよく決まります。

RX-8 用にプレミアテールマフラーなど【オートエクゼ】

RX-8をもっと速く、美しく。

オートエクゼは、マツダの『RX-8』(SE3P-300001-)用の『プレミアテールマフラー』と『ローダウンスプリング』を追加し、全国のマツダ販売会社、有名カー用品店、オートエクゼ商品取扱店で発売すると発表した。

重厚感あるオーバルシェイプのテールエンドが特長のプレミアテールマフラーは、量産車に採用される多段膨張式に比較して排気効率の高いストレート構造式サイレンサーを採用した。低中速から高回転域までバランスの良い出力特性を確保、アクセルレスポンスを改善する。大容量サイレンサーにより、日常ユースでの快適性を考慮した控えめな音量のスポーツサウンドにチューニングしている。

NAはレスポンスが重要。
カテゴリ:RX-8用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。