よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

MINI用『ロールセンターアダプター』【ミニマ二ア】

MINIオーナーの悩みどころを解決!

BMW MINI用のアフターパーツの製造・販売を手掛けるミニマニアから、新たに『ロールセンターアダプター』が発売された。

 この商品は、車高をローダウンした場合に車体の重心とロールセンターの位置がズレてしまうのを補正するためのもの。ロールセンターを適正化することによって、コーナリングの安定性やステアリングレスポンスが向上するという。

 なお、17インチホイール以上の車両に装着可能だが、ホイールリムの形状によっては装着できない場合もある。

すごく地味なパーツだけど、重要度は高いよ。

スポンサーサイト
カテゴリ:MINI用

GT-R用ブローオフバルブ-HKS

高周波サウンドを奏でる設計らしい。

HKSから、日産・GT-R(R35)用ブローオフバルブ『Super SQV(スーパーシーケンシャルブローオフ)』が発売された。

『Super SQV』は、ターボで圧縮された空気がアクセルオフの際にタービンに逆流するのを防ぐブローオフバルブ。このGT-R用では、抜かれた空気がサクションパイプに送られるレイアウトを採用し、高周波でキレのいい作動音を楽しめるという。また曲がりの少ない滑らかな形状とバフ仕上げのアルミ素材で、エンジンルームのドレスアップ効果も高い。

聞いてみたいね。
カテゴリ:GT-R用

プリウスのボンネットの開閉をスムーズに【トムス】

めずらしいプリウス用パーツです。

トムスから、プリウスのボンネットをスムーズに開け閉めできるようにするボンネットダンパーが発売された。

 この『ボンネットダンパー』は、高圧式ガスダンパーがアシストすることで、スムーズなボンネット開閉を可能とする。高級車に装着されていることの多いボンネットダンパーをトムスがプリウス用に開発。利便性を向上させるほか、レッドアルマイトのカラーリングでエンジンルームのドレスアップ効果も高い。

ボンネットはかるーく開けたいよね。
カテゴリ:プリウス用/PRIUS

エクシーガ用マフラー【5ZIGEN】

中高速域のトルク向上を狙ったらしい。

最適な排気レイアウトを追求した5ZIGENのマフラー『PRORACER ZZ(プロレーサー ジージー)』に、スバル・エクシーガ 2.0GT用が登場した。

 この『プロレーサー ZZ』は、車種別に専用設計されたサイレンサーが特徴の排気システム。特に中高速域でのトルクアップを狙ったチューンだという。素材はメインパイプにSUS436を、テールにSUS304を採用し、薄型としたことで軽量化の効果も期待できる。

ターボのおいしいところを楽しめそう。
カテゴリ:スバル用/SUBARU

アドバンのスポーツタイヤがモデルチェンジ【横浜ゴム】

ネオバが6年ぶりにモデルチェンジ!

アドバンのストリート用のスポーツタイヤの新商品『ADVAN NEOVA AD08(アドバン ネオバAD08)』が発表された。185/55R15 86V~295/30R19 100Wの全39サイズで2009年2月から発売される予定だ。

 この『アドバン ネオバAD08』は、「競技用タイヤを除いて、一番速く、一番楽しいスポーツタイヤ」を基本コンセプトとした『アドバン ネオバAD07』の後継商品。コンパウンドやトレッドパターン、構造の設計において、モータースポーツタイヤの『A050』や「FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)」のワンメイクタイヤで培った技術をフィードバックしている。ドライグリップ性能、ウェットグリップ性能、コントロール性能、耐摩耗・耐偏摩耗性能を高次元でバランスさせたという。なお、筑波サーキットでのテスト走行において平均ラップタイムを『AD07』よりも0.587秒短縮、ベストラップを0.711秒短縮した。

タイヤパターンは、ちょっとやさしくなったかな。

ランエボX用マフラー【タナベ】

ストレートにこだわったマフラー。

パイプの曲げを最小限に抑えて排気効率を向上させるタナベのスポーツマフラー『Medalion g-FORDAN(メダリオン ジーフォーダン)』に、三菱・ランサーエボリューションX用が追加された。

『メダリオン ジーフォーダン』は、曲げを極力抑えたストレートなフォルムでスムーズな排気を実現するという砲弾型マフラー。最低限必要となる曲げ部分にマンドレル曲げ製法を採用してRが大きく理想的な排気効率を追求した。メインパイプには軽量で強度が高く、耐食性に優れるSUS304ステンレスを、砲弾型のサイレンサーの内部のパンチングには熱に強いSUS409ステンレスを採用して耐久性を高めている。

これは、競技用なのか。
カテゴリ:ランエボ用/LANCER

MINI クーパーS 専用チューニングキット

ディーラーのキットだから安心ですね。

BMWジャパンは、スポーティーなMINI『クーパーS』向けに専用のチューニング・キット『John Cooper Worksチューニング・キット』を11月中旬から発売すると発表した。

John Cooper Worksチューニング・キットは、MINI正規ディーラーで現行のMINIクーパーSのオートマチック・トランスミッション車両、マニュアル・トランスミッション車両それぞれに取り付けが可能。チューニング・キットを取り付け、吸気と排気系の部品を交換することで、エンジン出力は175psから192psへとパワーアップする。最大トルクは、240Nmから250Nmに向上し、最大トルクを1750回転から5000回転の広い回転域で発生する。メーカーが純正で提供するディーラーオプションのため、改造申請等は必要なく、車検もパスする。

むちゃくちゃなパワーではない様子。
カテゴリ:MINI用

ランエボXのバルコン+Vカムキット【HKS】

ランエボの本気チューニングなら。

HKSの『VALCON PLUS V CAM KIT Pro(バルコン プラス Vカムキット プロ)』に、三菱・ランサーエボリューションX用が追加された。コントロールユニット『VARCON』とカムシャフト『V CAM』(インテークカム/エキゾーストカム)のセット商品で、バルブタイミングを変更してエンジンレスポンスの向上を図る。

『VARCON』は、吸気と排気の2系統のバルブタイミングを任意で制御できるコントロールユニットで、制御中にエンジン回転数や圧力センサー出力電圧、バルブタイミングを表示できるほか、バルブタイミングの制御状態をデータロガー用として出力することも可能だ。

『V CAM』は、純正バルブスプリングと純正ピストンに対応したハイカムシャフトで、交換するだけで性能アップが期待できるという。可変バルタイ機構MIVECに適した狭い開度と高リフトを追求した非対称カムプロフィール設計で、低回転での過給性能を向上させるとともに、中高回転域でのトルクの落ち込みを抑制している。

エンジンレスポンス↑↑
カテゴリ:ランエボ用/LANCER


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。