よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  2009年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

ステップワゴン用車高調キット【テイン】

ステップワゴンをローダウンで決めるならこれだ!

テインのミニバン/ワゴン用車高調キット『SUPER FLEX WAGON(スーパーフレックスワゴン)』と『BASIC FLEX WAGON(ベーシックフレックスワゴン)』に、新しく現行ホンダ・ステップワゴン用(4WD)が登場した。

『スーパーフレックスワゴン』は、全長調整式サスペンションに、減衰力調整と強化ゴムマウントを採用したフルスペックモデル。減衰力は16段階で調整可能。
『ベーシックフレックスワゴン』は、全長調整式としつつも、減衰力固定式ダンパーの採用や純正マウントの使用により、価格を抑えたベーシックモデルだ。

ミニバンに車高調で、どのくらいのスポーツ走行ができるのかな。

スポンサーサイト
カテゴリ:ホンダ用/HONDA

インプレッサWRX STI用ローダウンスプリング【タナベ】

ドレスアップ用・スポーツ走行用の2タイプ。

タナベのローダウンスプリング『SUSTEC NF210(サステックNF210)』と『SUSTEC GF210(サステックGF210)』に、現行スバル・インプレッサWRX STI用がラインナップされた。

『サステックNF210』は純正の乗り心地を犠牲にしない、ドレスアップ派スプリング。
インプレッサWRX STI用は、ダウン量をフロント-20mm、リア-15mm、バネレートをフロント4.1kg/mm、リア3.2kg/mmに設定。

純正ダンパーでも対応可能と思われる。

『サステックGF210』は、スポーツ走行派向けのスプリング。
ダウン量は『NF210』と同じだが、バネレートをフロント4.5kg/mm、リア4.0kg/mmと高めに設定し、スポーツ性能の向上を実現。

こっちはダンパー代えたほうがよりいい走りを狙えるね。

ローダウンスプリングにオデッセイ用が追加【テイン】

軽くローダウンするならこれだね。

テインのローダウンスプリング『S.TECH』に、現行ホンダ・オデッセイ用が追加設定された。

最低地上高90mmを確保する車検対応品だ。
カテゴリ:ホンダ用/HONDA

BMW・ミニ/アウディ・TT/プジョー206/207用FSD【KONI】

名門KONIのショックアブソーバー。

KONIの正規代理店であるFETから、BMW・ミニ/ミニクラブマン(現行型)、アウディ・TTクーペ/TTロードスター(先代型)、プジョー206/207(現行型)用『KONI FSD』が発売された。

『KONI FSD』は、ピストンスピードに合わせて減衰力が変化するFSDバルブを搭載したショックアブソーバーで、道路状況やドライビングスタイルを問わない乗り味が特徴だ。


市街地では不快な車体の揺らぎを軽減。ワインディングではロールやピッチングを抑制。また高速道路では、道路の繋ぎ目からの突き上げ感を低減。
突き上げ感の処理が重要ですよね。

フリード用マフラー【HKS】

控えめなスポーツサウンドを楽しめるフリード用マフラー登場。

HKSマフラーのベーシックモデル『LEGAL(リーガル)』に、ホンダ・フリード用が登場した。

『LEGAL(リーガル)』は、上品なデザインとサウンドで落ち着いた大人のスタイルを演出するマフラー。ファミリーユースの多いフリードに合わせて、音量を抑えつつも低音域を重視したスポーティなエキゾーストノートを楽しめる。

2万kmもしくは3年の保証が付いている。こりゃ、うれしい!
ミニバンでNAのいい音させてはしるのもいいねえ。
カテゴリ:ホンダ用/HONDA

フリード用ローダウンスプリング【テイン】

コンパクトなのにたくさん乗れるフリードをローダウン化。

テインから、フリード用ローダウンスプリング『HIGH.TECH』と『S.TECH』が発売された。

両者の違い。
『HIGH.TECH』は、軽量化と高品質を両立したローダウンスプリング。路面の凹凸の吸収力を高めつつ、操縦性と走行安定性を向上させている。

『S.TECH』は、手頃な価格でスタイリッシュなローダウンスタイルが楽しめる入門モデル。

乗り心地、異音、へたりに保証が付いているんです。安心ですよ。
カテゴリ:ホンダ用/HONDA

新型インサイト用パーツをラインナップ-【無限】

無限の手にかかれば、インサイトだってスポーツカーにみえちゃう。
燃費がよくてもかっこ悪かったらちょっといただけない。
しかし、今回無限から発表されたパーツは、ガラッとイメージがかわりますよ。

ホンダの新型ハイブリッド車、インサイト用無限パーツが発表された。

 まずはエアロパーツ。フロントアンダースポイラー、サイドスポイラー、リアアンダースポイラー、フロントスポーツグリル、リアウイング、ベンチレーテッドバイザーをラインナップした。風洞実験を繰り返して、cd値(空気抵抗係数)を抑制しつつ前後ゼロリフトを実現した。

 また、ホイールには放熱性能に優れる『XJ』と剛性バランスに優れる8本スポークの『NR』を用意。『XJ』はブラックメタルコートとスパークシルバーの2色で16インチ、『NR』はレーシングホワイトとミラーフェイス、シルバーの3色で15インチとなる。そのほか、排気効率と消音性能を両立させた『スポーツサイレンサー』やエアロパーツとの同時開発により理想的な空力特性と実用性を兼ね備えた『スポーツサスペンション』など、個性を演出するさまざまなパーツを用意している。

実用的なパーツもそろってますね。
あと出来れば、ローダウンもしたいところ。めちゃくちゃきまること間違いなし。
カテゴリ:ホンダ用/HONDA

3シリーズ(MC前)用の高照度LEDイカリング【PIAA】

イカリングをもっと輝かすならばこれだ!

PIAAから、マイナーチェンジ前のBMW・3シリーズセダン/ステーションワゴン(E90/91)用『LED RING BULB(LEDリングバルブ)』が発売された。

 この『LEDリングバルブ』は、イカリングと呼ばれるBMW独自のポジションランプを、最先端技術である「High Intensity(非常に強烈な)LED」を使用して高照度を実現したもの。また、新開発の内蔵ワーニングキャンセラーにより、エンジン始動時のフラッシュ現象を解消させると同時に、キャンセラーを灯体内に収納したことで車両を加工しなくても取り付けられる。

あのイカリングには憧れる。
カテゴリ:3シリーズ用/3series

クロカン4WD用ダンパー【テイン】

クロスカントリー走行に的を絞ったダンパー登場。

テインから、高い走破性と耐久性を備えたクロスカントリー4WD車用ダンパー『4×4 DAMPER(フォーバイフォーダンパー)』が発売された。その第1弾は、最終型の日産・サファリ用となる。

『フォーバイフォーダンパー』は、砂漠での過酷な長距離テストを繰り返して開発された本格的なラリーレイド用ダンパーだ。オイル量と放熱性を考慮して、単筒式+別タンク構造を採用するとともに、同社のラリー競技用サスペンション『TYPE Gr.N』でも使用されている「T.C.V.(温度補償バルブ)」を搭載して油温上昇による減衰力の低下を抑制している。

 減衰力は伸び側と縮み側をそれぞれ16段階で調整できるため、ラリーレイド競技の刻々と変化する路面状況に合わせたセッティングが可能だ。また、車内から減衰力を調整する『EDFC』にも対応している(伸/縮それぞれ1機ずつ必要)。

砂漠でのテストを重ねたというところが信頼感ありです。
カテゴリ:ニッサン用/NISSAN


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。