よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  2009年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

現行ジムニー用のドアメーターフード【モンスタースポーツ】

街で見かけるドレスアップジムニー。
そんなジムニーユーザーにうれしいメーターフードがでたよ。


モンスタースポーツから、現行スズキ・ジムニーのドアにφ60mmのメーターを収納するための『ドアメーターフード』が発売された。取り付け可能なのは奥行30mmまでの電子式メーターだ。

 後付けのサブメーターをAピラー内側部分に設置することで、運転中の視点移動を最小限に抑え、フロントウィンドウ、ドアウィンドウの視界をさえぎらないのが特徴。従来のようにAピラーカバーを外すことなく、ドアカバーのみを取り外すだけで装着が可能なのも特徴だ。

 仕様は、黒ゲルコートの無塗装仕上げと、光沢のあるウェットカーボンの2種類を用意する。

追加メーターはこれで綺麗に配置できるね。
スポンサーサイト
カテゴリ:ジムニー用/Jimny

アルテッツァ用の超軽量フライホイール【トムス】

アルテッツァに軽フラはどう。
絶対ドライビングが楽しくなるよ。


トムスの『ライトウェイトフライホイール』に、トヨタ・アルテッツァ用が追加設定された。

『ライトウェイトフライホイール』は材質にクロームモリブデン鋼を使用したフライホイールで、ノーマル比50%の大幅な軽量化を実現している。フライホイール単体で純正12kgに対して、同品はわずか約6kgしかない。

 さらに、エンジンレスポンスの向上やクラッチミート時のショックが減少し、スムーズなシフトアップが得られるという。

半分の重さに。
NAのよさが引き立つね。
カテゴリ:トヨタ用/TOYOTA

新型インサイト用の超軽量エコホイール【PIAA】

インサイトのホイール軽量化で更に燃費アップ。
PIAAの軽量エコホイール『EURO TECH S6-R+e2』に、新型ホンダ・インサイト用が追加設定されたのだ。しかも専用カラー。


『EURO TECH S6-R+e2』は軽量かつリーズナブルな価格が売りの1ピース6本ツインスポークホイールで、インサイト純正ホイールと比較すると25~30%も軽い。

 今回用意されたインサイト車用ホイールカラーは、パールホワイトをベースにリム部分にはインサイトのヘッドライトのブルーレンズとのコーディネイトを意識してブルーのラインを施している。

運動性能も上がるし、燃費も上がる。
いい事尽くし
カテゴリ:ホンダ用/HONDA

レクサスIS-F用のチタン&ステン製エキゾーストシステム【トムス】

レクサスIS-Fにフルチタンのマフラーはいかが。
トムス『エキゾーストシステム・トムスバレル・チタン』と『エキゾーストシステム・トムスバレル』に、レクサスIS-F用が追加設定されたのだ。


『エキゾーストシステム・トムスバレル・チタン』は、純正比-8.8kgの軽量化を実現したフルチタン製のハイパフォーマンマフラー。新開発のハイブリッド構造を採用したサイレンサーにより、高出力で迫力のある音質を響かせるという。

 一方の『エキゾーストシステム・トムスバレル』は、シンプルな構造による優れた耐久性と迫力あるサウンドが特徴のフルステンレス製ハイグレードマフラーだ。

IS-Fのエンジンだったら相当いい音しそうだね。
カテゴリ:レクサスIS用/LexusIS

ランドクルーザー200用のショックアブソーバー【KONI】

人気のランクル200用ショックアブソーバが発売。
あらゆるステージを走破できる仕様のようだ。


KONIの4WD&SUV用ショックアブソーバー『HEAVY TRACK RAID(ヘビートラックレイド)』に、トヨタ・ランドクルーザー200用が追加設定された。

『ヘビートラックレイド』は、市街地から悪路、未舗装路まであらゆるステージで優れた快適性と安定性を確保するというショックアブソーバー。ランクル200の重量をしっかりと支える抜群の耐久性を誇り、さらにはインチアップやタイヤサイズの変更などで荷重増加しても、安定した走りを実現するように配慮されている。

やっぱりランクルは悪路に強くあって欲しい。

VWゴルフ6ハイライン用のインテークキット【グループエム】

ゴルフ6をよりスポーティに。
グループエムからカーボンダクトインテークキット『ラムエアシステム』が発売された。
(新型フォルクスワーゲン・ゴルフの1.4TSIハイライン用)


『ラムエアシステム』は、エンジンルーム容量を最大限に活かすフィルターケースを採用し、前方からの走行風をダイレクトに吸気するインテークキット。低回転から高回転域まで全域で出力向上を実現するが、特に4500~5500rpmでのパワーに重点を置いた設計となっている。テストではノーマル比5.6psアップの175.7psという最高出力を記録している。

 またピークパワーだけでなく、快適なアクセルワークとスポーティな吸気サウンドンあどのフィーリング向上も大きな特長だ。

音も楽しめるのはいいよね。
カテゴリ:VW用/Volkswagen

クラウンアスリート用全長調整式車高調&ローダウンスプリング【テイン】

クラウンアスリートの車高調です。
アスリートならば速く走らないと。
足回りは固めておきたい。


テインのセダン専用設計車高調『コンフォートフレックス』とローダウンスプリングの『ハイ・テク』に現行および先代のトヨタ・クラウンアスリート用が追加設定された。

『コンフォートフレックス』は、伸び/縮み側同時の減衰力16段調整機構付きの全長調整式車高調整サスペンションキット。単筒式のショックアブソーバーとM.S.V.機構(マイクロスピードヴァリュー)の採用により、精悍なローダウンフォルムと快適な乗り心地を両立するのが特徴だ。車内から減衰力調整ができるEDFCコントローラーにも対応する。

 一方の『ハイ・テク』は、乗り心地、異音、へたりに対する3大保証を採用し、車種毎に最適設計を行ったローダウンスプリング。素材にはバナジウムを配合したSAE9254を採用したことで、従来比約10%の軽量化とストロークアップを実現した。今回追加されたのは現行2.5用のみ。

保証も充実。
ストロークアップできちんと動く足回りになった様子。
カテゴリ:クラウン用/CROWN

ハリアー専用設計のLEDライティングシステム【T&E】

ハリアーにLEDのセットです。
軽くLED化できそうだ。


T&Eから、現行トヨタ・ハリアー専用設計の『LEDライティングシステムシリーズ』が発売された。

 用意されるのは、「LEDライセンスランプ」、「LEDトランスプレート」、「LEDカーテシイルミネーション」、「LEDルームイルミネーション」、「LEDリアトランクランプ」の全5種となる。
カテゴリ:トヨタ用/TOYOTA

カプチーノ(MC後)用のコンピュータキット【モンスタースポーツ】

全国のカプチーノファンの皆さま、出ました。
モンスタースポーツの『N1コンピュータキット』にマイナーチェンジ後のカプチーノ用が追加された!
MC前用はすでに発売されているとの事。


『N1コンピュータキット』はノーマルにある速度リミッターとブーストリミッターを解除し、さらに回転リミッターも8800rpmまで引き上げるなど、サーキットやテクニカルコースでの使用を前提にセッティングされたチューニングコンピュータキットだ。燃料の噴射量や点火のタイミングも最適化されており、スポーツ走行時のアクセルレスポンスも向上するという。

8800rpmまで回せるんだ。ええなあ。
サーキット仕様だね。
カテゴリ:スズキ用/SUZUKI

アルファロメオMiTo用ビルシュタインキット【ビルシュタイン】

ビルシュタインよりアルファMiTo用車高調・ダンパーが発売された。
期待のBSSキットとダンパー。


『アルファロメオMiTo』用に用意されるのは、“BSSキット”、“ダンパー”の2アイテム。“BSSキット”は、フロント/リヤともに30-50mmのダウン値が設定されるネジ式車高調整システムを採用。フロントは横剛性に強い倒立式で、スポーティなローダウンフォルムと理想のハンドリングを実現する。
 
 “ダンパー”は、ショートストロークタイプとなり、スポーツ性をさらに引き上げたセッティングが施されている。

ビルシュタインの車高調は待ち乗りでもキツくない仕様。
それでいて峠でも路面に吸い付くようにコーナーをクリアしてくれる頼もしい奴。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。