よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

新型プリウスにHIDキット【PIAA】

最先端の技術が含まれた車・プリウスだからこそこういう部分にもこだわりたい。

PIAAから新型プリウス専用の『H.I.D.コンプリートキット』が発売された。

 この『H.I.D.コンプリートキット』は、運転のしやすさを重視して、あえて純正を少しだけ上回る4600kというバランスのとれた明るさをとしている。キット内にはH11のショート仕様のバルブ、超軽量のマグネシウム仕様の薄型バラストを、リレーハーネスなどの必要なものがすべて含まれる。

ポイントは運転のしやすさを重視した明るさ。
スポンサーサイト
カテゴリ:プリウス用/PRIUS

現行ミニにぴったりの内装パネルはいかが【デュエルジャパン】

どの車でも後付けパーツには悩みますね。
特にデザインにこだわった車ならばなおさら、今回はミニオーナーに朗報!
ナビ・レーダーそして、ブーストコントローラーまで対応している。


デュエルジャパンから、現行BMWミニ用の内装パネル、『バンク』が発売された。ハッチバック、クラブマン、コンバーチブルのすべてに適合する。

『バンク』は、ポータブルナビゲーションシステムやレーダー探知機、ブーストコントローラーなどのアフターアイテムをミニの内装になじむよう設置するためのパネルだ。内装に曲面の多いミニに、これらディスプレイ類を両面テープで接着した場合に、はがれてしまう心配もなくなる。

 パネルの素材はABS樹脂で、ミニの内装色に合わせて、純正のつや消しブラック、純正オプションカラーのダークグレー、クリームホワイト、ホットチョコレート、パシフィックブルー、ルースターレッドの全6色のカラーが用意される。

後付けパーツが綺麗に収まっているとうれしいですよねえ
カテゴリ:MINI用

BMW M3(E46)』用ボディ補強キット【オクヤマ】

最近若干手の届きそうになったE46M3のボディ補強パーツが出た。

自動車用アフターパーツを幅広く手がけるオクヤマから、『BMW M3(E46)』用のボディ補強パーツが登場した。
 
 『BMW M3(E46)』の新商品は、リアサスペンションの挙動を安定させる『ストラットタワーバー(リア/タイプR)』。左右のリアサスペンション上部取り付け部を、バーで結びつけることにより、コーナーリング時に発生するボディのねじれを抑制し、ハンドリングやスタビリティを向上させる。
 
 バーにはM3に合わせたオーバルパイプを採用。左右を結ぶオーバルシャフトを取付けベースと溶接することで、高剛性と軽量化を実現。素材にはスチールとアルミの2種類が用意されている。

欠点を補うパーツっていいですよね。
その車を分かってる人が作っているわけですから。
カテゴリ:M3用

ミニ用エクステンションスポイラーシリーズ【デュエルジャパン】

ミニをレーシーに。
フロントダウンフォースを得たいならばこれはお薦め。


デュエルジャパンから現行BMWミニ用(ハッチバック、クラブマン、コンバーチブル)の『クローネエディション・エクステンションスポイラー 1.1シリーズ』が発売された。用意されるのはFRP製の「1.11」、カーボン製の「1.12」、シルバーカーボン製の「1.13」の3種。

『クローネエディション・エクステンションスポイラー 1.1シリーズ』は、手軽にスパルタンなレーシングスタイルにドレスアップできるほか、サーキット走行などで抜群のダウンフォースを得られるデザインとなっている。ダウンフォースを得るためのこだわり成型や、サイドフィンの大きさが特徴で、さらにスポイラー職人の手作業で均一にされたFRP繊維の張り込みと、強度を持たせるためのロービング処理補強が施されている。

 同社のバンパー、純正フロントバンパーはもちろん純正オプションのJCWバンパーにも装着可能だ。装着による純正バンパーからのダウン量は20mmとのこと。

ローダウンしてたら擦らないように気をつけないといけないね。
効きそうな形状ですから、当たって割れると泣いちゃうかも・・・
カテゴリ:MINI用

新型インサイト用のビッグスロットル【ラック】

エコカーだってチューニング。
走る楽しさは同じでありたい。


ラックのオリジナルブランド、エルシュポルトから新型ホンダ・インサイト用『ビッグスロットル』が発売された。

 この『ビッグスロットル』はインサイトの純正スロットルボディをベースに、口径をノーマルの45φから2mm拡大したもの。吸入空気量のアップによる中・低速のトルクアップと、全域でのレスポンスアップが期待できるという。また、スロットルの入口から出口までの内壁をていねいに切削しているのも特徴で、スムーズな吸入を実現するという。

渋いパーツですが、レスポンスアップでさらに燃費も向上か。
カテゴリ:ホンダ用/HONDA

エボVIII、IX、X用のボンネットダンパー【テイン】

意外とあるとうれしいパーツ。
なんだか開けたくなりそうだよ。


テインの『ボンネットダンパー』に三菱ランサーエボリューションVIII/IX用、およびX用がそれぞれ追加設定された。

『ボンネットダンパー』は本体重量が1本あたりわずか200gという軽量ダンパーで、ボンネット全開時の角度を調整するエクステンションをアルミニウム素材とすることで、さらなる軽量化を図っている。車両側を加工取り付け可能だ。

いろんな車種のも出て欲しいです。
カテゴリ:ランエボ用/LANCER


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。