よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

レクサスGS用のフルエアロ【T&E】

レクサスGS用エアロ。
このGSだったら超売れそう。

T&Eのエアロパーツブランド「DIGNA(ディグナ)」からレクサスGS用のエアロパーツが発売された。フロント/リアスポイラーはディグナブランド初のバンパータイプで、さらにサイドステップを用意する。これら3点セットまたは単体で販売される。

 ディグナブランド独特の内巻きラインのデザインが特徴で、バランスの良いサイズにも配慮し、シャープかつエレガントなスタイリングを演出する。


上品かつかっこいい。おすすめ!
スポンサーサイト
カテゴリ:レクサス用/Lexus

アルテッツァ用のサスキット【トムス】

トムスからトヨタ・アルテッツァ用『スポーツサスペンションキット』が発売。
ストロークを確保した仕様。

 トムスの『スポーツサスペンションキット』は、スポーティな走りとローダウンに的を絞ってセッティングした車高調整式ダンパーとスプリングのセット。減衰力15段調整機構と全長調整式車高調整システムを採用しており、車高変化によるストローク減少を抑えた仕様になっている。
カテゴリ:トヨタ用/TOYOTA

後付けのアイドルストップキット【オズコーポレーション】

ちょっとやってみたかったアイドリングストップ。
それを意図も簡単にこなしてくれます。


オズコーポレーションは、渋滞や信号待ちでのアイドリングストップを支援する後付け型アイドリングストップ装置、『エコヘルパー』を発売した。
 
 この商品の特徴は、既存のクルマに後付けで装着できる点にあり、一般車両やもちろん、最新のプッシュスタート式車両、トラックなど、ほとんどの車をアイドリングストップカー化することができる。

AT・MT問いません。
カテゴリ:ECOパーツ

レガシィB4用ドレスアップ系マフラー【HKS】

テールエンドを美しく。
HKSから現行レガシィB4用のドレスアップ系のマフラーが出た!


HKSのドレスアップ系マフラー『LEGAMAX Premium(リーガマックスプレミアム)』に現行スバル・レガシィB4用が追加設定された。1本出し仕様と左右出しの2タイプを用意する。

『リーガマックスプレミアム』はドレスアップとしてのマフラー交換を意識したモデルで、バランスやマッチングを最重要視して車種別に合わせたテールデザインを採用する。このレガシィB4用ではφ110のチタンテールを採用して、1本出し仕様はコストやルックス、音質のベストバランスを重視し、一方の左右出しではこだわりの甲高いNAスポーツサウンドを響かせるのが特徴だという。

見た目だけでなく、サウンドまでこだわってます。
カテゴリ:レガシィ用/LEGACY

BMW Mパワーメーター…iPhone

iPhoneもついにチューニングパーツ入りか!?
コンテンツをダウンロードすると
速度、加速G、コーナリングG、0-100km/h加速タイム、0-400m加速タイムが表示可能に。


BMWは4日、「BMW Mパワーメーター」という新コンテンツを、『iPhone』のユーザーに無料配信するサービスを開始した。

BMW Mパワーメーターは、『M3』『M6』『X5M』『X6M』など、BMWのハイパフォーマンス車両、「M」のスポーツ走行を補助するために開発。iPhoneの画面上にBMW車と同じスピードメーターが再現され、速度だけでなく、加速G、コーナリングG、0-100km/h加速タイム、0-400m加速タイムなどを表示する。例えばサーキットを走行する人なら、ドライビングデータとして活用できる。

BMWはiPhoneユーザーに、BMW Mパワーメーターを無料配信。ユーザーはAPPストアにアクセスし、アプリケーションソフトを無償ダウンロードする。BMWは推奨していないが、BMW以外のメーカーの車両でも、使用可能という。

こんな時代なんですね。さらに進化していくかも・・・
(引用:carview
カテゴリ:BMW用

プリウス用エアロ【T&E】

こんなプリウスなら欲しい。
かっこいいプリウス用エアロが出た!


T&Eのエアロパーツブランド「・ism(イズム)」から現行プリウス専用のエアロパーツが発売された。フロントハーフスポイラーをはじめ、サイドステップ、リアハーフスポイラー、リアルーフスポイラーの4パーツを設定する。

 “純正より知性的で洗練されたスタイルを作り上げる”をブランドコンセプトに、このプリウス用ではヘッドライトまわりの形状やリアテールにスポーツテイストを加えたヨーロピアンスポーツスタイルを演出する。またリアハーフスポイラーには縦フィンを施すことで、空力性能のさらなる向上と躍動感のあるリアビューを実現するという。

純正っぽいところがいいよ
カテゴリ:プリウス用/PRIUS

スイスポ1型用ECU【TMスクエア】

今度はスイスポ1型用ECU。
こちらもレッドゾーンが変わる!


TMスクエアのECUチューニングキット『SPORT ECU』に、現行型スズキ・スイフトスポーツのマイナーチェンジ前(1型)用が追加設定された。マイチェン後(2型)用はすでにラインナップ済みだ。
 
 おもなチューニング内容は、まずエンジン回転リミッターを7600rpm(ノーマルは7000rpm)に引き上げたほか、燃料噴射量や点火時期、バルブタイミングなどのプログラム変更をして、中速域の強化と高回転域での一直線の吹け上がりを追求した仕様になっている。

 その一方で、街中などの通常走行では純正ECUと同等のドライバビリティを確保しているという。

最高のNAエンジンになりそう。

レクサスIS-Fのパーツ開発車両

約245万円分のトムスオリジナルチューニングパーツ付レクサスIS-Fはいかが?
しかもすべて装着済み。限定1台です。


トムスは同社オリジナルパーツ開発に使われたレクサスIS-Fを、コンプリートカーとして販売することを決定した。『TOM'S IS-F』と名付けられたこのクルマは、開発車両なのでもちろん1台限りの限定売却だ。

 エクステリアにはリア/フロント/サイドのディフューザーやHIDパーツ、オリジナルのクロームメッキエンブレムなどを装備。エンジン関係では、軽量なフルチタン製の「エキゾーストシステム・バレルチタン」や吸入抵抗を低減させる「エアクリーナー スーパーラムII」を装着するなど吸排気系にファインチューニングが施されている。また足まわりでは、優れた操縦性と乗り心地を実現するサスペンションキット「Advox」に加え、本来のポテンシャルを発揮するよう、強化ブレースやロッド類、ロアアームなどのボディ補強パーツなど徹底したチューニングが施されている。

 現時点での走行距離は約1.3万キロ、車検は平成23年5月まで。全29種で合計245万3770円相当のトムスパーツで武装しながら756万円という価格は確かに買い得である(タイヤおよび塗装、工賃は含まず)。

まだまだ走れます。
カテゴリ:レクサスIS用/LexusIS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。