よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  スポンサー広告 >  新技術 >  LEDヘッドライトに比べて2倍の照射距離!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

LEDヘッドライトに比べて2倍の照射距離!!

LEDヘッドライトの2倍の照射距離の新技術が市販車に導入される!

BMWは、「BMW i8」に、LEDヘッドライトに比べて2倍もの照射距離を実現した次世代ライト技術「BMWレーザー・ライト」を、2015年10月14日より導入。新たにオプション設定した。

BMWレーザー・ライトの主な特徴としては、 [PR]
比較.comの自動車保険一括見積もり!【無料】


●車速が約70kmを超えると、LEDハイビーム・ヘッドライトに加え、レーザー・ライトが自動的に点灯。LEDの約2倍に相当する最大600mまでの照射範囲を照らすことができる。

●すでに高効率なLEDライト技術に比べ、さらに30%優れたエネルギー効率を誇り、大幅な消費電力の削減を実現している。

●レーザー・ダイオードが発する光をヘッドライト内で蛍光体を使って白色光に変換。自然光に近く人の目にやさしい白色光を放射する。

●通常のLEDに比べ1/10ほどの大きさのため、重量削減に貢献する。

が挙げられる。

BMWレーザー・ライトを装備した車両の納車開始は2016年1月~を予定している。このオプションの希望小売価格は85万円(税込)となる。

さすがBMW、すばらしい技術です。
まだまだオプション価格は高いですが(i8も高いですが・・・)、市販車に導入されるという事実は、今後の各メーカーへの影響も相当なのではないでしょうか。
いずれは身近になることは間違いないですね。


(引用:carview
カテゴリ:新技術


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。