よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  スポンサー広告 >  マツダ用/MAZDA  >  ロードスター用/MX-5 >  MX-5スパイダー&MX-5スピードスター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

MX-5スパイダー&MX-5スピードスター

マツダ純正ってところがポイント。
いずれこれに近いキットが出るのだろうか。
それにしてもかっこよすぎ。


マツダは、米ラスベガスで11月3日から6日にかけて開幕される自動車アフターマーケットパーツの見本市SEMAショーに、「MX-5ミアータ(日本名マツダ ロードスター)」をベースにカスタマイズを施した2台のコンセプトカーを出展すると明らかにした。1台は「MX-5スパイダー」(シルバー)、もう1台は「MX-5スピードスター」(ブルー)だ。

2016年モデルマツダ MX-5ミアータをベースとする2台のカスタマイズカーは、それぞれマツダ北米チームのデザイナーが異なる手法によりオープンカーの魅力を表現したもの。共通するのは、ボディの軽量化を図り、走る楽しみを追求していること。

[PR]
比較.comの自動車保険一括見積もり!【無料】


MX-5スパイダーは、クラシカルなヴィンテージオープンカーの雰囲気を現代風に解釈し直したもの。ビキニトップと呼ばれるミニマムな形状のソフトトップと、カーボンファイバー製エアロキットで独特のスタイリングと軽量化を追求し、さらにボディカラーをシルバーとし、トラディショナルな雰囲気に。内装もナチュラルレザーでヴィンテージ感を出した。

もう1台のMX-5スピードスターは、1950年代のクルマを彷彿とさせる、髪を風になびかせる生粋のオープンエアドライブの楽しみを追求したもの。ウインドウシールドさえもたない、プリミティブなシルエットに仕上げている。ホイールはRAYSの軽量16インチサイズを装着し、ボディはブルー系の新色でペイント。エキゾーストシステムは、センターマフラーを採用した。

内装はアルカンターラのトリムを採用し、シートはカーボンファイバー製のものを装着。ドアもカーボンファイバーで仕上げた。結果、車重はベース車に対して250ポンド(約113kg)の軽量化を実現したという。

マツダの北米デザイナーは、これら2台のカスタマイズにあたり、25年におよぶMX-5のヘリテイジを尊重しながら、新しい発想で取り組んだとのこと。北米デザイナーのロードスター(MX-5)に対する熱い情熱を感じさせる仕上がりだ。

もともと軽量化を図ったクルマだけに、約113kgのダイエットはすばらしい。
ちょっとロータスのノリになってきたか。これはうれしいぞ。

(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。