よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  インプレッサ用/IMPREZA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

インプレッサWRX STI用サスキット【阿部商会】

待ってました!ビルシュタインGRBインプレッサ用サスキット発売!

自動車用アフターパーツを幅広く手がける阿部商会は、『スバル・インプレッサ WRX STI(GRB)』用のビルシュタイン製サスペンションキット『PSS10』を発売した。
 
 『PSS10』とは、10段階の減衰力調整機能を備えた車高調整サスペンションキットだ。国産車向けのラインナップとしては、今回のインプレッサ用が初であり、リアの動きをコントロールし、アンジュレーションの大きな路面でも安定した旋回姿勢を保持するようにセッティング。ストリートから高速ワインディング、ミニサーキットまで、幅広いシチュエーションでハンドリングを楽しむことができる。

減衰力調整とは贅沢な逸品ですよ。

インプレッサWRX STI用ローダウンスプリング【タナベ】

ドレスアップ用・スポーツ走行用の2タイプ。

タナベのローダウンスプリング『SUSTEC NF210(サステックNF210)』と『SUSTEC GF210(サステックGF210)』に、現行スバル・インプレッサWRX STI用がラインナップされた。

『サステックNF210』は純正の乗り心地を犠牲にしない、ドレスアップ派スプリング。
インプレッサWRX STI用は、ダウン量をフロント-20mm、リア-15mm、バネレートをフロント4.1kg/mm、リア3.2kg/mmに設定。

純正ダンパーでも対応可能と思われる。

『サステックGF210』は、スポーツ走行派向けのスプリング。
ダウン量は『NF210』と同じだが、バネレートをフロント4.5kg/mm、リア4.0kg/mmと高めに設定し、スポーツ性能の向上を実現。

こっちはダンパー代えたほうがよりいい走りを狙えるね。

インプレッサ用補強パーツ【STI】

インプレッサのリアサスの働きを補助。

STIは、スバルのインプレッサ・インプレッサWRX STI対応『リヤサスペンションリンクセット』を設定し、全国のスバルディーラーを通じて販売を開始した。

 『リヤサスペンションリンクセット』は、インプレッサに標準装着されている2本のラテラルリンク内側にピロボールブッシュを採用することで、リヤサスペンションの動きをより滑らかなものにした。
 
 また、ストローク時の摩擦を軽減させたことによるキャンバー剛性の向上ほか、コーナー時のシャープなハンドリング性能を実現した。

 ■対応車種:インプレッサ(GH)ターボ車・インプレッサWRX STI(GR)全車  
 ■価格:5万2500円

カチッと走られるかな。

(引用:carview

インプレッサ対応ブレーキキット【STI】

パワーアップしている方は必見!

STIから、スバル・インプレッサWRX対応の『STI 6potブレンボブレーキキット』が全国のスバルディーラーを通じて発売する。
 
 『STI 6potブレンボブレーキキット』は、『インプレッサWRX STI specC TYPE RA-R』や『S402』などの特別限定モデルに装備されたものを、インプレッサWRX STI仕様に改良したものである。

いいねえ。

スバル車用に開発したエンジンオイル『STI RACING OIL』【STI】

摩擦の大きい水平対抗エンジンには、これだね

STIから、スバル車用に開発されたエンジンオイル『STI RACING OIL』が発売された。全国のスバルディーラーで購入できる。

 モチュールとの共同開発で誕生したスバル車用エンジンオイル。従来品である『SWRTオイル』よりも低い粘度(10W-40)を採用し、より高い出力特性、耐摩耗性、酸化安定性、低燃費性を実現。特にスバル・インプレッサWRX STIの高トルク型ターボエンジンにベストマッチする性能を確保したという。実際、市販車をベースにした世界ラリー選手権(P-WRC)にも実戦採用され、-25度の北欧から40度を超える地中海までさまざまな温度域のステージを問題なく走り抜き、高い性能を実証した。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。