よろしくチューニングパーツ

国産車・輸入車に関するチューニングパーツの最新情報などを紹介します。国産メーカーはもちろん、BMW、MINI、VW、アルファロメオなどの外国メーカーの情報もありますよ。
よろしくチューニングパーツ TOP  >  ニッサン用/NISSAN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

M’s RAM AIR SYSTEM NISSAN R35 GT-R用

GruppeMは、国産車用インテークブランドM’s(エムズ)の新製品として、「M’sラムエアシステム NISSAN R35 GT-R用」を発売。
涼しくなればなるほど、ターボ車の季節到来。
このラムエアシステムで夏より大幅パワーアップ!


「M’sラムエアシステム NISSAN R35 GT-R用」は、エンジンルーム容量を最大限活かす大容量のフィルターケースを設計。カーボンフィルターケースはエンジンルーム内の熱気を遮断しつつ、ファンネル効果をもつ大口径の導入ダクトで前方からの走行風をダイレクトに吸気。
カテゴリ:GT-R用

54%軽量GT-R(R35)用チタンマフラー【ニスモ】

ニスモからGT-R(R35)用スポーツチタンマフラーが発売。
2007年~2010年モデルに適合。
54%軽量ってすごい!バネ下荷重軽減に効果大!


高純度チタン合金を使用したこの商品は、基準車のマフラーの54%という大幅な軽量化を実現。
また、排気音量と音質にこだわり、実用領域では標準装着マフラーを下回る音量でありながら、中高回転域では高純度チタン素材らしい軽快で心地よい排気音としている。
さらに、主に低回転域における車室内のこもり音も配慮して開発した。
カテゴリ:GT-R用

スカイラインV37用スポーツチタンマフラー【ニスモ】

ニスモより、新型スカイライン(V37)ハイブリッド用スポーツチタンマフラーが出ました。
チタンで軽量化。
走りも改善。そして、燃費も改善。

すでにリリースされていて好評だというNISSAN GT-R、ノートNISMO S、マーチNISMO S用のスポーツチタンマフラーと同様に、軽量化の追求と上質な音質の両立をコンセプトに開発した。

高純度チタン合金を使用することでスカイライン350GT HYBRIDの純正マフラー比43%の9.4kgという大幅な軽量化を達成。
カテゴリ:ニッサン用/NISSAN

スカイラインGT-R(R32/R34)用のヴェルディナマフラー【ニスモ】

今回ニスモから発売されたのは、1996年~2006年に販売していたスカイラインGT-R用の『ヴェルディナNE-1マフラー』。
R34用とR32用ということなので、ユーザーの要望に応えた形なのか!?
仕様は当時のまま。
R32だってまだまだ健在です。

 この『ヴェルディナNE-1 Ver.2』はスカイラインGT-Rに搭載されるRB26DETTエンジンの潜在性能を限りなく引き出すスポーツ触媒付きのセミデュアルエキゾーストシステム。低負荷域の実用性と中・高回転域の排気効率の両立を目指して、フロントパイプからキャタライザーを経てセンターサイレンサーまでをデュアル化しているのが特徴だ。現在の保安基準適合品。  

 材質はステンレス製(SUS304)。マフラーフィニッシャー部およびサイレンサーに添付の部品番号プレート部のNISMOロゴは現行ロゴに変更されている。
カテゴリ:GT-R用

GT-R用『スポーツリセッティング』【ニスモ】

マイナーチェンジしたR35GT-Rに早くもスポーツリセッティンングECMが登場。
本来の性能を最大限に引き出すスペシャルメニューとなっている。

ニスモの『スポーツリセッティング』に現行日産GT-R(R35)のマイナーチェンジ用が追加設定され、レンタルの予約受付を開始した。出荷は1月12日からの予定。

『スポーツリセッティング』は専用のECM(エンジンコントロールモジュール)を使って、エンジン本来のポテンシャルを最大限に引き出すチューニングメニューだ。ECMとTCM(トランスミッションコントロールモジュール)の制御定数をトータルチューニングすることで、特に中低速域でのトルクアップを重視し、あらゆるサーキットやクローズドコースでのスポーツ走行で気持ちのいい走りを楽しめるようになるという。  
カテゴリ:GT-R用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。